広告:ページ内でアフィリエイト広告を利用しています PC・モバイル ブログ 生活情報

UPS(無停電電源装置)のバッテリー交換してみました

停電からPCなどを守るUPS(無停電電源装置)

停電から大事なデータを守りたい

たとえばPCで大事な文書を書いているとき、フイに停電が起きたらどうなるでしょうか?頭を抱えることになると思います...。
停電など、電源供給に障害が発生した場合にも引続きPCなどに電力を供給することで、仕事を継続できたり、文書を保存して安全にPCをシャットダウンするための時間を稼いでくれるのが、「UPS(無停電現装置)」です。UPSは「Uninterruptible Power Supply」の略だそうですが、簡単に言えば「外部バッテリー」ですね。

我が家でも、停電対策としてずっと前からUPSを数台導入しています。価格と家の規模から考えてOMRONの「BY35S」と「BY50S」です。

しかし、今UPSは必要なのだろうか?

UPSを使い始めた当時、PCは自作のデスクトップでした。なので停電があれば一瞬でPCの電源が落ち、書いていた文書は消えてしまいます。しかもハードディスクに障害が起きて、PCの起動ができなくなるかもしれませんでした。
そのため、停電が起きても数分間は給電ができるUPSは必須でしたし、PCとUPSをケーブルで連携させれば、自動的にシステムを終了することもできました。

とはいえ、今や個人で使うPCはノートパソコンが主流。ネットワークストレージも選択肢が増え、バックアップもお手軽になりました。停電が起きても内蔵バッテリーで数時間の運用が可能ですから、PCを守るためのUPSの必要性は低くなったといえます。結局、家の場合は、ルーターやNASなどのネットワーク機器や固定電話の停電対策として使っている感じです。

UPSも定期的なメンテナンスが必要

バッテリーである限り劣化はします

UPSの場合は、鉛バッテリーを内蔵していますが、大体3年位で寿命を迎えます。同じ鉛バッテリーの自動車の場合も大体それ位ですね。

OMRON製のUPSの場合、鉛バッテリーが寿命だと判断されると「ピー・ピー」というブザーが延々と鳴り続け、バッテリー交換サインの赤いランプが点きます。このブザーとにかくうるさくて、ブザー停止ボタンを押すと鳴り止むのですが、数週間後またなり始めます。夜中とか目が覚める程の音量で、オチオチ寝てもいられません...。

バッテリー交換サインが点いたUPS

内蔵バッテリーは交換ができるのですが...

内蔵バッテリーは交換可能です。しかも電源を入れたままでも可能なので、保護している機器への影響もありません。問題はお値段です。
純正品ですと、約12,000円~15,000円となります。

created by Rinker
オムロン(OMRON)
¥11,820 (2024/06/13 06:54:44時点 Amazon調べ-詳細)

転ばぬ先の杖とはいえ、結構な値段です。3年使えるとして年間4,000円程度。1ヶ月で約340円。前述のとおり、バッテリー内蔵ノートPCであれば停電リスクは非常に低いため、今となっては微妙な値段。また、UPSの内蔵バッテリーは鉛バッテリーのため、そのまま捨てる訳にはいきません(リチウムイオンバッテリーも捨てる訳にいきませんが)。一応メーカーが無料回収してくれるのですが、送料は自己負担。この際、UPSの利用を止めてしまえば良いのですが、ここで妥協的に利用できるのがリサイクルバッテリーです。

リサイクルバッテリーは一考の価値あり

純正品のほぼ半額で無料で回収もしてくれます\(^_^)/

純正品の互換品が売っていまして、これだと純正品のほぼ半額です。私は何度か以下のストアで買っていますが、多分不具合はないかと。というか、一度入れると何年もそのままなので、純正品より寿命が短いとか記録していないので分かりません。ただ、単純計算で2年使えれば純正品よりずっと安くなります。


また、買うときにチェックが必要なのが不要バッテリーの回収の有無。このストアだとストア負担で不要バッテリーを回収してくれます。しかも、バイクや車の不要バッテリーも回収してくれます。車のバッテリーもネットで買って自分で交換する方が安く済むので、これは嬉しいサービスです。

純正品と互換品の比較

写真の左が互換品で、右が純正品です。もちろん見た目の形状は変わりません。交換も電源を入れたままドライバー1本で可能。交換の方法は、販売店のサイトでも写真で詳しく説明してくれています。個人的には、端子をはめるのが一苦労でした。

左が互換品右が純正品バッテリー

まとめ

  • 転ばぬ先の杖としてのUPSは、家庭用途においても重要でした。でも、個人用途でノートPCが一般化した今では、そこまでの重要性はないかもしれません。
  • コストを考えると、内蔵バッテリーの交換は互換品を検討するのは意味があります。
  • ただし、純正品でなないので、利用する場合は自己責任でお願いします!

楽天の場合、楽天ポイントの倍率重視です!セール時期とか単発で来るポイントアップを狙って上手く買いましょう(^_^;)

(Visited 1,762 times, 1 visits today)

-PC・モバイル, ブログ, 生活情報
-, , , ,