広告:ページ内でアフィリエイト広告を利用しています Garmin ブログ

Garmin Forerunner 165登場! 他のForerunner シリーズとの違いを考察します

2024年2月25日

既に5台のGarminデバイス購入歴のある私ですが

自分の運動記録のみならず、健康状態まで表示してくれるGPS搭載スマートウォッチ。私のGarmin歴は  VÍVOACTIVE J HRForeAthlete 245 MusicForeAthlete 745Forerunner 955 Dual PowerForerunner 965とステップアップしてきました。
2024年2月29日(木)、新たに「Forerunner 165」および「Forerunner 165 Music」が投入されるということで、従来シリーズと果たして何が違うのか?私なりに調べてみることにしました。

現在メインで使っているGarmin Forerunner 965 購入の記事はこちら

従来のGarmin Forerunner シリーズとの違い

Forerunner 965と265と165の機能を一覧表で比較

今回発売されるのは、Forerunner シリーズのエントリーモデルなので、当然従来モデルの機能限定版となります。ここでは、私が使用上重視している仕様・機能面について一覧表で比較します。「Forerunner 165」シリーズは、音楽機能を搭載した「Forerunner 165 Music」と音楽機能を搭載しない「Forerunner 165」が発売されますが、なるべく条件を同じようにするため、「Forerunner 165 Music」で比較します。あと、少し前に発売された同価格帯の「Venu 3」も参考に掲載します。

本体仕様

本体仕様で比べた場合、ほとんど価格設定で本体仕様が差別化されているのが分かります。RUN用途ではありませんが、普段使いでは割安感のある「Venu 3」より16,000円も安く価格設定(Venu 3には画面サイズが小さいVenu 3Sがありますが、両者とも価格はほとんど変わりません)してきたのは、かなり戦略的だと思います。
私としては、本体仕様で考慮すべきは画面サイズです。いずれの機種も、有機ELのAMOLEDディスプレイを採用しているので画面の発色などの視認性に違いはありませんが、スマートウォッチの場合、時計以外にスマホから色々な通知を表示させることになります。メールなどのテキスト通知は、画面が大きい(=解像度が高い)ほど1画面での情報量が多くなるので、把握しやすくなります。この点ではやはり「Forerunner 965」と「Venu 3」が有利です。
また、「Forerunner 165」は、Musicモデルでも本体の内蔵メモリの容量が4GBに抑えられています。たくさんの曲をダウンロードしてワークアウト中に音楽を聴き続けたいというのであれば、考慮が必要な点になります。
なお、「Forerunner 165 Music」のレンズ素材が化学強化ガラスと表記されていますが、「ゴリラガラス」も化学強化ガラスの一種です。つまり、コーニング社以外の化学強化ガラスを採用したため、商標としての「ゴリラガラス」という表記が使えないのだと思われます。これは価格を抑えるために従来モデルと仕様を変更したのかもしれません。

本体仕様(Garminのホームページから転載)
Forerunner 165 MusicForerunner 265Forerunner 965Venu 3
価格(定価)44,800円62,800円84,800円60,800円
レンズ素材化学強化ガラスCorning Gorilla Glass 3Corning Gorilla Glass DXCorning Gorilla Glass 3
ベゼル素材FRPFRPチタンステンレススチール
ストラップ素材シリコンシリコンシリコンシリコン
サイズ43 x 43 x 11.6 mm46.1 x 46.1 x 12.9 mm47.2 x 47.2 x 13.2 mm45x 45x 12mm
タッチスクリーン
ディスプレイサイズ直径1.2インチ (30.4 mm)直径1.3インチ (32.5 mm)直径1.4インチ (35.4 mm)直径1.4インチ (35.4 mm)
解像度390 x 390 ピクセル416 x 416 ピクセル454 x 454 ピクセル454 x 454 ピクセル
ディスプレイタイプAMOLEDAMOLEDAMOLEDAMOLED
重量39g47g53 g30 g (標準付属バンド込み:47 g)
稼働時間スマートウォッチモード: 約 11 日間
バッテリー節約スマートウォッチモード: 約 20 日間
GPSモード: 約 19 時間
マルチGNSSモード: 約 17 時間
GPS+音楽再生モード: 約 7 時間
マルチGNSS+音楽再生モード: 約 6.5 時間
スマートウォッチモード: 約 13 日間
GPSモード: 約 20 時間
スマートウォッチモード: 約 23 日間
GPSモード: 約 31 時間
スマートウォッチモード: 約 14 日間
バッテリー節約スマートウォッチモード: 約 26 日間
GPSモード: 約 26 時間
マルチGNSSモード: 約 20 時間
マルチGNSS+音楽再生モード: 約 11 時間
防水等級5 ATM5 ATM5 ATM5 ATM
内蔵メモリ4 GB8 GB32 GB8 GB

センサー仕様

これは、ランニングやウォーキングなど屋外でワークアウトをするのであれば特に重視すべき点です。
今回の比較機種ではいずれもマルチバンドに対応するので、測定精度に差はありませんが、「Forerunner 165 Music」と「Vnenu 3」はSatIQに対応しません。SatIQとは、高い建物の近くや森の中などでは測位精度の高いマルチバンドを有効にし、開けた場所などでは低消費電力のGPSモードに切り替え、バッテリー消費を抑える機能であり、稼働時間に差が出る可能性があります。もし充電がしやすい環境にあるなら、必須機能とまではいえないかもしれませんが、もし長時間GPS計測が必要な大会に出ることを考えているなら、重視が必要です。
また、トレイルランや登山もするのであれば、地図機能は「Forerunner 965」にしか搭載されていません。地図機能は、もちろんマラソン大会やジョギングでも使用できますが、決められたコースを走るとか知っている道を走る場合、正直使う必要はあまりありません。

センサー仕様(Garminのホームページから転載)
Forerunner 165 MusicForerunner 265Forerunner 965Venu 3
GPS
GLONASS
Galileo
みちびき(補完信号)
GNSSマルチバンド
SatIQ(衛星自動選択モード)機能
Garmin Elevateリスト型心拍計
気圧高度計
コンパス
ジャイロセンサー
加速度計
温度計
環境光センサー
血中酸素トラッキング
地図機能

ランニング機能

Forerunnerシリーズでは、それまで別売りの「ランニングダイナミクスポッド」がなければ計測できなかった、「ランニングダイナミクス」と「ランニングパワー」の計測ができるようになりました。これにより、「ストライド幅」、「地面接地時間」、「上下動」、「上下動比」などがオプションなしで計測できるようになり、自身のランニングフォームを可視化し、改善点などを知ることができます。腕に付けているスマートウォッチだけでこれらが計測できるようになったのですから、革命的です。
それでも、GCTバランス(左右の接地バランス)は「ランニングダイナミクスポッド」がなければ計測できず、「Forerunner 165 Music」と「Venu 3」は対応しません。Forerunnerシリーズではない「Venu 3」はまだしも、Forerunnerシリーズの「Forerunner 165 Music」が対応していないのは疑問符がつきます。とはいえ、もしランニングのスピードを上げたいとか怪我をしづらいフォームにしたいのであれば、まず上下動を抑えて効率的な走りを求めるのが課題であり、それは結果的に左右の接地バランスを改善することに繋がると考えれば、エントリーモデルとして省き、価格を抑える方法として割り切ったのかもしれません。

ランニング機能(Garminのホームページから転載)
Forerunner 165 MusicForerunner 265Forerunner 965Venu 3
ランプロフィールラン、トラックラン、 トレッドミル、 屋内トラック、 トレイルラン、 バーチャルラン、 ウルトラランランニング、トラックラン、トレッドミルラン、屋内トラックラン、トレイルラン、バーチャルラン、ウルトラランラン、トラックラン、 トレッドミル、屋内トラック、 トレイルラン、 バーチャルラン、 ウルトラランラン、 トレッドミル、 屋内トラック
GPSベースの距離、タイム、ペース
ランニングダイナミクス
(ウォッチからの計測のみ)

ランニングダイナミクスポッド(別売)併用可)

ランニングダイナミクスポッド(別売)併用可)

上下動上下動比
GCT(接地時間)GCTバランス△(GCTバランス計測は非対応)○(GCTバランス計測は要互換アクセサリ)○(GCTバランス計測は要互換アクセサリ)
歩幅(リアルタイム)
ピッチ(リアルタイムの1分あたりの歩数)
ランニングパワー
勾配調整されたペース-(記述なし)-(記述なし)
乳酸閾値不明(記述なし)あり(要互換アクセサリ)あり(要互換アクセサリ)ー(記述なし)
PaceProレース戦略ー(記述なし)
ランワークアウト
トレイルラン自動クライム
レース予想タイムー(記述なし)
コースおよび天候別のレース予測ー(記述なし)
フットポッド(販売終了)
ラン/ウォーク/静止時間検出

トレーニング機能

ランニングに限らず、トレーニング全般の機能も比較してみました。字面だけでは何の用途か分からない機能も多いですが、Forerunnerシリーズは行ったワークアウトの効果を可視化できるのがメリットです。例えばワークアウト終了後に、自分が行ったトレーニングの有酸素効果と無酸素効果を数値で表示してくれるので、自分に足りないトレーニングを把握できます。また、ワークアウトを始める前に、どの位のペースでどの位続けるべきかといったメニューも表示してくれるので、単に走るだけというより効果的に走るということが可能となります。
とはいえ、ワークアウトの記録だけで良いなら、「Venu 3」でも十分だと思うところです。

トレーニング機能(Garminのホームページから転載)
Forerunner 165 MusicForerunner 265Forerunner 965Venu 3
心拍ゾーン
心拍アラート
心拍カロリー
%Max
%HRR
リカバリータイム
自動最大心拍数
モーニングレポート
レースウィジェット
HRV ステータス
心拍転送モード(ペアリングしたデバイスにANT+を介して心拍データを送信)
呼吸数(アクティビティ中)ヨガ、ブレスワークのみあり(要互換アクセサリ)あり(要互換アクセサリ)ヨガ、ブレスワーク、瞑想のみ
GPS速度と距離
データページのカスタマイズ
カスタマイズできるアクティビティプロフィール
インターバルトレーニング
改良されたインターバル(オープンリピート、インターバルデータページ、休憩画面、自動検知を含む)
ワークアウト
ダウンロード可能なトレーニングプラン
HRM-Proランニングペースと距離
自動ラップ
手動ラップ
休息タイマー
設定可能なラップアラート
暑熱と高度への適応
VO2 Max (ラン)
VO2 Max (トレイルラン)
リアルタイムスタミナ
トレーニングステータス
トレーニング負荷
トレーニング負荷バランス
トレーニング効果(有酸素)
トレーニング効果(無酸素)
ワークアウトのメリット
改良されたリカバリータイム
おすすめワークアウト
カスタムアラート
オーディオアラート
到着予想時間
バーチャルパートナー
レース
自動マルチスポーツアクティビティ
手動マルチスポーツ(アクティビティ中にスポーツを手動切り替え可能)
コースガイド
Garmin ライブセグメント
Strava ライブセグメント
ラウンドトリップコース作成
Trendline Popularity Routing(Garmin Connectのデータに基づく最適なルート検索)
タッチスクリーン/デバイスロック
デバイスロック
ショートカット
自動スクロール
ウォッチのアクティビティ履歴
Physio TrueUp

まとめ

もし、RUN用途でスマートウォッチが欲しいなら、「Venu 3」は除外されます。「Venu 3」は運動不足がちな人に運動を勧めたり、バランスの取れた生活を助言するなどの機能が重視されており、スポーツはそこそこ楽しみ健康維持をしていきたいという人への機種といえそうです。「Venu 3」にしかない機能として、 互換性のあるスマートフォンとペアリングすると、ウォッチから電話を発信、着信応答ができたり、スマートフォンの音声アシスタントを使用して、互換性のあるスマートホームデバイスの制御やテキストメッセージへの返信などが可能となるものがありますが、Apple Watchのようにウオッチ単体で通話ができる訳ではないので、今ひとつ物足りません。

運動をガッツリしたい、ランが楽しくなってきたのでより長距離を走りたいとかタイムアップを目指したいのであれば、Forerunnerシリーズのどれを選べば良いのでしょうか?私のオススメは「Forerunner 265」です。その理由は以下のとおりです。これらは、どれも後付けできない機能なので、「Forerunner 165」シリーズを購入した場合、買い直すしか方法がありません。

  • ディスプレサイズが「Forerunner 165」より大きい
    0.1インチの違いですが、一度に表示できる情報量は多いに越したことがありません。「Forerunner 965」は更に0.1インチ大きくなるのですが、「Forerunner 165 Music」と価格差が約2倍、「Forerunner 265」と比べても2万円以上の価格差があるのは大きいです。
  • 内蔵メモリの容量が2倍の差
    「Forerunner 165 Music」と比べると容量差が2倍です。これは単純にいって保存できる音楽の曲数が2倍違うということです。Garminでは、ウォッチフェイスを自分の好きなものに変えられ、登録できるウォッチフェイス数にも差が出ると考えられます。
  • ランニングダイナミクスポッド(別売)への対応の差
    「Forerunner 165」はランニングダイナミクス(別売)に対応しません。「Forerunner 165」で計測できる範囲でも十分参考になるといえますが、プラス1を求めようとすると不可能となってしまいます。ただ、乳酸閾値の計測に必要なハートレートセンサー「HRM-Pro Plus」の対応機種に「Forerunner 165」シリーズが出てくるので、拡張性が全くない訳ではありません
  • やはり稼働時間は長い方が良い
    もし、充電できない状況に陥った場合、少しでも稼働時間が長い方が有利です。「Forerunner 265」以上であれば、GPSモードも自動で最適化してくれるので、お任せで大丈夫というのが安心材料です。とはいえ、Apple Watchのように毎日充電しなくても大丈夫なので、Forerunnerシリーズ同士で比較した場合です。

とはいえ、全部入りであればやはり「Forerunner 965」です。発売当初は売り切れでなかなか買えませんでしたが、発売から約1年が経過し、価格も多少こなれてきました。最新の価格と性能差で吟味し、自分にとって一番嬉しいモデルを選んでください。それが一番後悔がない結果となりますので。

(Visited 5,406 times, 1 visits today)

-Garmin, ブログ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,