広告 スマートホーム ブログ

トイレの換気扇を自動で起動!Amazon Echo Dotの人物検知機能とスマートプラグを連携します

トイレの換気扇は必要不可欠なものです。24時間連続稼働させるのが理想ですが、特に個人宅では電気代も気になりますよね。でも、必要なときだけ自動で起動し、不要なときは自動で停止することが、なんとAmazon Echo Dotとスマートプラグを連携することで実現できました。
具体的には、Amazon Echo Dotの人物検知機能を使うことで、人がトイレに入ったときにスマートプラグの通電をONにして換気扇を起動し、人がいなくなれば通電をOFFにするというもの。スマートプラグを使えば、なんと遠隔で換気扇の操作することも可能です。この方法を使えば、手間をかけずに快適な環境を実現することができます。詳しい手順や設定方法については、以下で紹介していきます。是非参考にしてみてください。

なお、この記事は生成AIを利用して記事を自動作成し編集してみました。折角なので多少活かしてみましたが、さすがにまだまだな感じですね...

はじめに

まず、スマートホームの魅力とAmazon Echo Dotの役割についてご紹介します。スマートホームとは、家の中のさまざまな機器や設備をインターネットに接続し、スマートフォンや音声アシスタントで簡単に操作できるようにするシステムです。その中でもAmazon Echo Dotは、音声アシスタント「Alexa」を搭載したスマートスピーカーで、家の中のさまざまな操作を声で指示することができます。
本記事では、Amazon Echo Dotの人物検知機能とSwitchBotのスマートプラグを使用し、トイレの換気扇を自動で起動する方法を紹介します。またトイレの換気扇は通常使用後に手動で停止する必要がありますが、この連携をすることで、人がトイレから出た後、一定時間運転が継続してから自動的に換気扇を停止することができるので、気になる臭いを効率的に排出することができるのも特長です。

次の章では、Amazon Echo Dotとはどのような機器なのか、基本的な機能や特徴について詳しく解説します。また、人物検知機能についても触れます。それでは、さっそく本記事の内容に入っていきましょう。

Amazon Echo Dotとは

Amazon Echo Dotは、Amazonが開発したスマートスピーカーの一つです。音声アシスタントのAlexaを搭載しており、音声での操作や情報の提供が可能です。Amazonは何種類かのスマートスピーカーを販売していますが、Echo Dotはコンパクトなサイズでありながら高音質のスピーカーを備えているのが特長で、現在第5世代が発売されています。また、単体でWiFiに接続することが可能で、インターネット上の情報にもアクセスできます。「Alexa!」と話しかければ、音楽再生や天気予報の確認、スマートホームデバイスの制御など、さまざまなことができるのです。

人物検知機能について

Amazon Echo Dotには人物検知機能が搭載されています。これは、2022年1月12日のアップデートにより使えるようになったもので、Echo Dotについては第4世代から対応しています。Echo Dotの場合、人物を内部に搭載された超音波センサーで人物を検知する仕組みで、人物を検知した際(人物を検知しなくなった際)に実施するコマンドを設定することができます。これにより、例えば、トイレに入るとEcho Dotが人の存在を感知し、自動的に換気扇を起動させることができるのです。

スマートプラグとは

スマートプラグは、電化製品をスマートホームの一部として操作するためのデバイスです。普通のコンセントに挿すだけで、スマートフォンや音声アシスタントを通じて電化製品を遠隔操作できます。従って、Amazon Echo Dotとスマートプラグを連携させることで、トイレの換気扇を自動で起動することが可能となるのです。

スマートプラグは色々なメーカーから販売されていますが、ここではSwitchBotのスマートプラグミニを使いました。

トイレの換気扇自動起動の設定方法

機材の設置

Amazon Echo Dotを窓の物置スペースに、SwitchBot スマートプラグミニは天井近くにある換気扇用コンセントに装着して換気扇のプラグを挿し込みます。準備はこれだけです。

Amazon Echo DotとSwitchBot スマートプラグミニの連携設定

これより後は、スマートホンのAlexaアプリで設定します。

1.Alexaアプリで、トイレのEcho Dotのの機器操作画面を出し、右上の「歯車」をタップします。

Alexaアプリの設定画面

2.「超音波モーション検知」をタップします。

超音波モーション検知
超音波モーション検知

3.検知感度と範囲を設定します。最初高い方が良いかと思いいずれも「高」で設定したところ、全く電源操作が上手くいきませんでした。「高」に設定すると、トイレの外にいる人も感知し続けてしまうようで、家の場合、いずれも「最低」に設定したところ、うまく動作するようになりました

感度と範囲を設定した後は、「定型アクションを作成」します。

検知感度と範囲の設定
検知感度と範囲の設定

4.定型アクションとしては、換気扇をONする場合とOFFする場合の2パターンを作成します。

定型アクションの作成
定型アクションの作成

5.基本的に、Echo Dotが人を検知したらプラグをON、人を検知しなくなったらプラグをOFFするという設定だけでOKですが、家の場合は、換気扇のON・OFFをリビングのEcho Dotからも音声で分かるようにしました。

なお、一度人を検知すると、人がいなくなっても30分程度は検知状態が続く仕様のようなので、トイレの換気という点では有利だといえますね。

まとめ

節電だけを考えれば、物理的にスイッチをON・OFFするのが一番効果的です。でもトイレの臭気の排出と考えると、ある程度連続運転することが必要ですし、消し忘れると却って節電になりません。トイレの電気は人感センサー内蔵の電球が発売されているので良いのですが、人感センサー内蔵のコンセントは見当たらないので、今回は余っていたEcho Dotを使ってこのようなシステムを組んでみました。
果たして、トイレの換気扇のON・OFFのためにEcho Dotを買うのがコストに見合うのか?というのもある(トイレで音楽を聴きたいのなら別です)ので、もし、余った機材があるようならトライしてみる価値があると思います。

(Visited 165 times, 1 visits today)

-スマートホーム, ブログ
-, , , , , , , , , ,